当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

P-oneカード<Standard>のポイントサイトのやり方。報酬530円

P-oneカード<Standard>_ポイントサイト_やり方

今回はポイントサイトのP-oneカード<Standard>について解説していきたいと思います。

ポイントサイトからP-oneカードを申し込めばポイントが獲得できます。

\ 2/17〜 ハピタス 終了 /

 

P-oneカード<Standard>

今現在、「P-oneカード」案件は終了しています。(2024/02/17)

ポイントサイトで掲載されているP-oneカード<Standard>のポイント獲得条件は「新規カード発行」と「1回以上の利用」が条件です。

ポイント獲得条件

  • 新規カード発行
  • 1回以上の利用

P-oneカード<Standard>をポイントサイト経由で申し込み、カードを1回以上利用すればポイントが獲得できます。

年会費無料
P-oneカード<Standard>は年会費無料となっています。年会費はかからないので安心です。

ポイント還元率1%
P-oneカード<Standard>は100円以上の利用で自動的に請求額が1%OFFになります。

P-oneカード<Standard>の注意点
P-oneカード<Standard>を申し込むにあたって、注意する点は特にありません。

ポケットカードといえばリボ払専用のP-one FLEXYもあったりしますが、P-oneカード<Standard>はリボ払専用ではないので心配はいりません。

P-oneカード<Standard>は100円以上のショッピングの利用で自動的に1%OFFになる利便性の高いカードです。

まだカードを作っていない方はこの機会に申込しましょう。

▼ハピタス登録はこちら▼

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ハピタスに登録する>>

 

P-oneカードのポイントサイトの最高額は?

 

P-oneカードはポイントサイトでどれくらいの報酬額なのかどこ得?で調べてみましょう。

ポイントサイトを比較してみると、およそ7千〜1万円台で推移しています。

  • 【報酬額】7千〜1万円


「P-oneカード」案件は、時期によって報酬が変動するので高い時期を狙って案件に取り組みましょう。

過去の報酬額の変動を調べるには、「ポイントサイト比較ランキング」というサイトがおすすめです。

直近3ヶ月の最高額は11,300円なので、1万円台になっていたら取り組んでもよいかと思います。

P-oneカードのポイント獲得条件

今回はハピタスのP-oneカードの獲得条件について解説していきます。

\ 2/17〜 ハピタス 終了 /

 

P-oneカード<Standard>

【ポイント獲得条件】
新規クレジットカード発行完了(翌月末迄の1回以上の利用必須)
※キャッシングの利用は対象外となります。

※カードご利用対象期間中にご利用いただいた場合でも、ご利用データの到着日によりポイント付与対象外となってしまう場合がございます。

・対象券種:P-one Standardカード

・対象:18歳以上/高校生ではない方

引用元:ハピタス「P-oneカード<Standard>」

ポイント獲得条件について解説

P-oneカードのポイント獲得条件は「新規カード発行」と「1回以上の利用」が条件です。

ポイントサイト経由でP-oneカードの申込を行い、カードを1回利用すれば条件達成です。

  • 新規カード発行

  • 1回以上の利用

カードの利用額には条件がないのでどんな買い物や利用でも条件達成になります。

【ポイント獲得までの流れ】

ポイントサイト経由でP-oneカードにアクセス
  ↓
WEB申込
  ↓
審査
  ↓
カード到着
  ↓
カードを1回以上利用
  ↓
ポイント獲得!

P-oneカード<Standard>のよくある質問についてもまとめておきます。

モッピーのよくある質問にて以下のことが記載されていました。

過去に「P-one flexyカード」などのカードの発行履歴がある場合

Q.過去に「P-one flexyカード」などのカードの発行履歴がある場合はポイント獲得対象でしょうか?
A.「P-oneカード<Standard>」の申込が初めてであればポイント獲得対象です。

参考:モッピー「P-oneカード<Standard>」よくある質問

過去に「P-one flexyカード」などのカードの発行履歴がある場合でも「P-oneカード<Standard>」が初めてであればポイント獲得対象になるようです。

「カード利用」で対象外はあるのか?

Q.「ショッピング利用」の対象が知りたい
A.各広告により定められている期間内(翌月末まで等)に、カードの利用を行っていただくことを「ショッピング利用」と表記しております。指定期間内にカードの決済が行われていれば、どのような形でご利用をされていても問題ございません。

参考:モッピー「P-oneカード<Standard>」よくある質問

カードの利用についてはどんな形の利用でも対象になるようです。

P-oneカード<Standard>の公式キャンペーンと併用できない

P-oneカード<Standard>新規ご入会&ご利用で最大9,000円分還元|クレジットカードのポケットカード株式会社

ポイントサイトとは別にP-oneカード<Standard>の公式サイトでも入会キャンペーンが行われています。

ただし、こちらはポイントサイトと併用して参加することはできません。

P-oneカード<Standard>公式キャンペーンは、専用リンクから申込しないと参加できない仕様になっています。

公式キャンペーンよりポイントサイトの方が条件が簡単なのでポイントサイトから申込するのがおすすめです。

ただ、報酬についてはポイントサイトは変動するので、報酬が高くなっているときに取り組むようにしましょう。

P-oneカード<Standard>のメリット

P-oneカード<Standard>

P-oneカード<Standard>は、カード利用でポイントが貯まるわけではなく、自動で1%が差し引かれて請求されます。

自動で1%オフになるのが最大のメリットです。

わずらわしいポイントを利用したりする手間がいらないので利便性が高いです。ポイントの有効期限を心配する必要もありません。

100円につき1%OFFになるので100円だと1円が割引されます。100円未満の99円だと1%OFFになりません。

携帯電話代、ガソリン、光熱費等の公共料金や国民年金保険料も1%OFFの対象になっているので範囲は広いです。

P-oneカード<Standard>のデメリット

P-oneカード<Standard>

P-oneカード<Standard>は大きなデメリットはありませんが、気になった点をまとめておきます。

P-oneカード<Standard>の「1%OFF」対象外について

P-oneカード<Standard>は1%が自動的にオフになって請求されます。

ショッピング・ガソリン・携帯電話料金・ガス・電気などの公共料金の支払いも1%OFFになります。

ただし、以下の利用分については「1%OFF特典」の対象外となっています。

以下ご利用分は「1%OFF特典」の対象外でございます。

・サンリブ・マルショク店内ご利用分

・ポケットカードトラベルセンター

・電子マネー・WEBマネー チャージ(Edy・nanaco・au WALLET等)

・切手、各種ギフト券等の金券類

・生損保等の各種保険料

・ETCカードのご利用分

・キャッシングご利用分

・年会費

※各種税金、国民年金保険料は「1%OFF特典」の対象となります。

引用元:P-oneカード・ポケットカード よくある質問

ほとんどの支払いが対象になっていますが、やはり電子マネーのチャージは対象外のようです。

ETCカードの利用が対象外なのでETCを発行する場合は他のクレジットカードを検討した方が良さそうです。

公共料金や各種税金、国民年金保険料の支払いが対象になっているのはありがたいですね。

P-oneカード<Standard>は100円未満は対象外

P-oneカード<Standard>は、100円の支払いから1%OFFになります。

100円未満の買い物や1,099円のような100円未満の端数については1%OFFの対象外となっています。

  • 99円=0円OFF
  • 100円=1円OFF
  • 1,099円=10円OFF

1回の買い物で99円だと対象外となるのは、わずかな差ですがデメリットですね。

支払いの合計ではなく、その都度1回の買い物ごとに1%OFFになっています。

楽天カードも同じように1回の買い物(支払い)ごとに100円につき1ポイントが付与されます。

支払いの合計に対してポイントが付与される方がポイントは高くなるのですが、1回の買い物(支払い)ごとだとポイントはわずかに少なくなります。

ETCカードが有料

P-oneカード<Standard>は、追加カードとしてETCカードを発行できます。

ETCカードは発行手数料が1,100円かかります。ETCカードも年会費は無料ですが、更新のときも手数料が1,100円かかってきます。

他のクレジットカードでもETCカードは有料なことが多いのでそこまでデメリットではありませんが、

ETCカードも無料にしたい方は他のクレジットカードも検討しましょう。

まとめ

\ 2/17〜 ハピタス 終了 /

 

P-oneカード<Standard>

今回は、ポイントサイトのP-oneカード<Standard>について解説してきました。

ポイント獲得条件は、新規申込してカードを1回利用すれば条件達成です。

その他、注意点や気付いた点をまとめておきます。

  • 新規カード発行
  • 1回利用だけでOK
  • カード発行だけでOK
  • 公式キャンペーンと併用不可
  • 年会費無料
  • 1%が自動でオフ
  • 1%OFFの対象は広い
  • 100円未満は対象外
  • 大きなデメリットはない
  • 注意点は特になし

P-oneカード<Standard>は自動で1%オフになる利便性の高いクレジットカードです。

思ったよりも1%OFFになる対象は広いので使い勝手が良い気がします。

ただ、100円未満の買い物や100円未満の端数は支払合計として加算されず、1%OFFの対象外になるのでそこはデメリットですね。

ポイントを最優先にするならもっと還元率の高いクレジットカードもありますが、ライトユーザーの方ならちょうど良いカードかもしれません。

ポイ活でカードを作る方も年会費が無料なので気軽に作ることができます。

P-oneカードを作るにあたって注意する点などは特にありません。

興味がある方はこの機会にぜひ新規申込しましょう。

▼ハピタス登録はこちら▼

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ハピタスに登録する>>