三井住友VISAカードは「マイ・ペイすリボ」の設定で年会費が無料になる

三井住友VISAカード_年会費無料

三井住友VISAカードは年会費がかかるクレジットカードなのですが、

実は三井住友VISAカードは簡単な条件で

年会費を無料にさせることができます。

三井住友VISAカードの年会費が無料になる条件とは

「マイ・ペイすリボ」に登録して年一回のカード利用するだけです。

たったこれだけで年会費が無料になります。

「マイ・ペイすリボ」を設定し、年一回のカード利用で年会費無料になる!

「三井住友VISAカード」の年会費が無料になるやり方を説明すると、

  • 「マイ・ペイすリボ」を設定する
  • 年に一度でもカード利用する

たったこれだけでOKです。「マイ・ペイすリボ」に登録し、年に一度でもカード利用すれば年会費が無料になります。

でも、リボ払いに設定してしまうと手数料が発生するんじゃないの?

と思われるかもしれませんが

結論からいうと、

リボ設定金額とカード利用限度額を同じにさせればリボ手数料は発生しません。

「マイ・ペイすリボ」を設定しつつ、リボ手数料も発生させない方法

例えば、カード利用限度額が10万円なら

「マイ・ペイすリボ」の設定も10万円に設定しておけば、

10万円を超えてカード利用できないのでリボ手数料も発生しません。

つまり、「マイ・ペイすリボ」は設定金額を超えた部分に対してリボ手数料が発生するわけです。

厳密にいうと、「マイ・ペイすリボ」は初回の手数料がかからないので、毎月の一回目の支払いで全額払いすれば、手数料がかからないまま利用し続けられるということになります。

カード限度額10万円の設定例

→カード利用限度額 10万円
→「マイ・ペイすリボ」設定額 10万円

このように限度額と「マイ・ペイすリボ」の金額を同じに設定すれば、

リボ手数料がかからずに

さらに年一回のカード利用で年会費も無料になります。

これだけは重要→カード限度額と同じに設定する

とりあえず、リボ手数料がかからないように「マイ・ペイすリボ」の設定額とカード利用限度額を同じにしておけばOKです。

カード限度額10万円なら、「マイ・ペイすリボ」も10万円にする

   

「マイ・ペイすリボ」の初回設定

私の場合は、「マイ・ペイすリボ」には登録していなかったので

最初に「マイ・ペイすリボ」の登録をしてから設定しています。

三井住友VISAカードのネットサービス「V pass 」にログインし

上部グローバルナビから

リボ払い&キャッシングをクリックします。

開いた画面から右側にある

「マイ・ペイすリボのお申し込み」をクリックします。

「マイ・ペイすリボ切替お申し込み」の同意画面が出てくるので

規約をよく読んだあと「同意」をクリックします。


同意する前に
通知を「郵送」か「web通知」にするかも選択しておきます。

私はいちいち郵送で通知されるのは、

めんどうなので「web通知」を選択しました。

「マイ・ペイすリボ」をカード限度額と同じに設定する

同意するをクリックすると

次に「元金定額コース」と出て来ます。

↓こちらの「マイ・ペイすリボ」の金額を設定する場所です。「元金定額コース」の欄に「マイ・ペイすリボ」の設定金額を入力します。

「マイ・ペイすリボ」のデフォルトは毎月5千円払うコースになっています。

私の場合はカード限度額が10万円なので「元金定額コース」の欄のところに「10万円」と記入しました。

これで「マイ・ペイすリボ」を「10万円」に設定したことになります。

確認して「申し込む」をクリックして申し込み完了です。

完了

あとは年一回でもカード利用すれば、年会費が無料になります。

「マイ・ペイすリボ」の設定額と「カード限度額」の金額が同じなので、リボ手数料はかかりません。

この設定で買い物すれば、

年会費もかからずリボ手数料もかからず三井住友VISAカードを利用できます。

-追記-
※基本的には「マイ・ペイすリボ」は設定せず、年会費を払って利用する方がシンプルで使いやすい気がします。「マイ・ペイすリボ」を設定し年会費無料特典を狙うのは上級者向けの設定だと感じました。

※「マイ・ペイすリボ」の設定をしてカード利用しても、年会費無料特典が適用されるのは翌年度の年会費です。

三井住友VISAカード公式 Check!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする