Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)の詳細

オリコカードザポイント

Amazonの買い物でポイント合計2.0%にもなる

最初に「オリコカードザポイント良いかも」と思った点は、

Amazonで買い物すると、
ポイント還元が合計2.0%にもなるという点です。

オリコモールを経由しないと2.0%にならないので
少々めんどうですが

オリコモールを経由してAmazonで買い物すれば、ポイント合計が2.0%にもなります。

オリコモールとは?
オリコモールとは、オリコカードに付属するショッピングサイトのようなwebサービスです。

オリコモールから経由してからAmazonで買い物するとポイントが貯まる仕組みになっています。

オリコモール

オリコモール

オリコモール_Amazon

オリコカードザポイントは年会費無料、ETCカードも無料

オリコカードザポイントといえば
年会費無料でポイント還元率1%と高還元なクレジットカードです。

同じような年会費無料でポイント還元率1%のクレジットカードは

・楽天カード
・Yahoo!Japanカード

などがあります。

楽天カード、Yahoo! JAPANカードについては、
ETCカードは年会費500円かかったりします。

オリコカードザポイントの場合は
ETCカードも無料になっていますので

これはかなりの利点です。

オリコカードザポイントは海外・国内旅行保険はなし

残念ながら、オリコカードザポイントには海外・国内旅行保険は付いてないんですよね。

でも、系列のオリコカードiBなら
海外・国内旅行保険が付帯しています。

どうしても旅行保険が必要な方はオリコカードiBを検討していみるといいかもしれません。

オリコカードザポイント 旅行保険なし
オリコカードiB     旅行保険あり

オリコカードiBとの違いは?

オリコカードザポイントと
オリコカードiBとの違いも気になるところです。

まず、オリコカードiBは基本ポイント還元率0.5%となっておりオリコカードザポイントより低いです。

ポイント還元率を比較

オリコカードザポイント 1.0%
オリコカードiB     0.5%

オリコモール経由時の特別加算

オリコカードザポイント +0.5%
オリコカードiB     なし

オリコカードザポイントは基本の1.0%のポイント還元に加え、
特典としてオリコモール経由で特別加算0.5%の上乗があります。

対して、オリコカードiBにはこの0.5%上乗せの特典がありません。

というわけで、ポイントを貯めたい方はオリコカードザポイント一択です。

オリコポイントが貯まったらすぐ交換。オススメ交換先ベスト3

オリコカードザポイントの利用で貯まったポイントはAmazonギフト券やTポイントなどと交換できます。

貯まったオリコポイントの交換先ベスト3をあげておきます。

ギフト券に交換ベスト3

1位 Amazonギフト券
2位 nanacoギフト券
3位 iTunesギフトコード

ポイントに移行ベスト3

1位 Tポイント
2位 楽天スーパーポイント
3位 WALLETポイント

これら汎用性の高いギフト券やポイントに交換できるので、ポイントをムダにすることはありません。

オリコポイントが1:1の等価で交換できるかチェック

交換する際は、ポイント移行が等価でできるかもチェックしておいた方がいいです。

例えば、Amazonギフト券は、
オリコポイント500ptに対して
Amazonギフト券500円分で交換できるので、1:1の等価で交換が可能です。

その他、オリコポイントと等価で交換できるギフト券、ポイントは以下になります。

  • Amazonギフト券 1:1
  • nanacoギフト券 1:1
  • iTunesギフトコード 1:1
  • EdyギフトID 1:1
  • Tポイント 1:1
  • WAONポイント 1:1
  • 楽天スーパーポイント 1:1
  • WALLETポイント 1:1
  • dポイント 1:1

電子マネーは2種類搭載

オリコカードザポイントに搭載されている電子マネーは、iD、QUICPayの二種類です。

・iD
・QUICPay

オリコカードザポイントはApple Payに登録可能

まず、基本的なことから。

オリコカードザポイントはApple Payに登録できます。

Apple Payにオリコカードザポイントを登録した場合は、
QUICPayとして決済することが可能です。

モバイルSuicaにチャージしたときも1.0%ポイント対象

オリコカードザポイントはモバイルSuicaチャージ時もポイント対象になっているのか?

結論から言うと、
ポイント対象になっており基本ポイントがまるまる1.0%貯まります。

よく電子マネーにチャージしたときは、
ポイント対象外になるクレジットカードもあったりしますが、

オリコカードザポイントの場合は、モバイルSuicaへのチャージもポイント対象になっています。

もちろん、iPhoneのApple payのSuicaにチャージした場合でもポイント対象になっています。

やはり、iPhoneのApple payは
Suicaを登録して利用するととても便利です。

紛失・盗難保障あり

オリコカードザポイントにはカードの紛失・盗難保障があります。

万が一、カードの紛失・盗難によるカード不正利用があった場合でも、
届け出た60日前にさかのぼり、それ以降に不正使用された損害が補償されます。

※補償を受けるにはカード会社への連絡、警察への届け出などが必要です。

選べる国際ブランドは2つ

オリコカードザポイントの国際ブランドは
MastercardブランドとJCBブランドです。

・Mastercard
・JCB

2つの国際ブランドから選べます。

カードフェイスは
シンプルでブラックなデザインなのでかっこいいです。

オリコカードザポイントのデメリットは2つだけ

オリコカードザポイントは
価格コムなんかでもランキング1位で表示されてるのをよく見ますし、

比較的に悪い口コミも少ないですが

強いて挙げるなら、
デメリットは2点ほどあります。

・ポイントの有効期限が1年と短い
・ログイン時の画像認証が少しめんどう

ポイントの有効期限が1年なので
他のクレジットカードより多少は短いですかね。

それでもポイント有効期限切れ前に
お知らせメールが来たりするので、そこは良心的です。

あと、Web明細のログイン時に画像認証がめんどうだという口コミもありました。

私個人的な意見としては、
頻繁にログインしない限りは、そこまで気にならないと思います。

まとめ

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)

オリコカードザポイント

国際ブランド mastercardjcb
年会費  無料
ポイント還元率  1.0%
海外旅行保険  –
国内旅行保険    –
その他付帯保険  –
電子マネー   iD、QUICPay
 Apple Pay  登録  可能
 割り当てられる電子マネー  QUICPay
ETCカード  年会費無料 
家族カード  年会費無料
※3名まで発行可能 
ポイント名称  オリコポイント 
ポイント加算方法  100円で1オリコポイント 
電子マネーへのチャージ、ポイント対象         

 Edy  チャージ可。ポイント付与なし
 モバイルSuica  1.0%
(Apple PayのSuicaへのチャージでもポイント対象)
 SMART ICOCA 1.0% 
 nanaco チャージ可。ポイント付与なし
 WAON  チャージ不可

 PASMO

 チャージ不可

au WALLET

1.0%
(MasterCardなら「au WALLET」ヘチャージ可能。ポイント付与の対象)
ポイント有効期限  1年 
オリコカードザポイントの特典 オリコモール利用時に+0.5%の特別加算
盗難・紛失補償  万が一、カードの紛失・盗難によるカード不正利用があった場合、60日前にさかのぼり損害が補償されます。 
メリット

 オリコモール経由で買い物すると0.5%ポイント上乗せがある。

Amazonで買い物した場合、合計2.0%ものポイント還元率になる(オリコモール利用時)

デメリット

 ポイント有効期限は1年と短いが、ポイント失効前にメールがくるので良心的。

web明細のログインが画像認証なのでログインが少しめんどう。

入会特典  入会後6ヵ月間はポイント還元率が2.0%になります。

Orico Card THE POINT>>>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする