ライフカードと他のカードとを比較。メリット、デメリット、審査、電子マネーチャージ、電話サポートなど

ライフカード

【デザイン】

かなり以前のライフカードのCMですが、

ライフカードといえば、オダギリジョーさんのCMの「どうするオレ」というキャッチコピーがいまだに頭に浮かびます。

youtubeで改めてライフカードのCMを見返してみると、「どうするオレ」というフレーズだと思い混んでいましたが、実際は「どーすんのオレ」というフレーズでしたね。

むかしのオダギリジョーさんのを起用したCMや、最近のライフカードのCMを見る限りライフカードのブランドイメージはスタイリッシュな印象を受けます。

私の個人的なライフカードの最初の印象は、楽天カードよりもカッコいいカードというのが印象でした。私がライフカードを選んだ基準も見た目がなんとなくかっこいいからでした。

ブルーのカードデザインは良いと思います。実際にライフカードを手に取ってみるとカード自体のデザインは安っぽくなく、クレジットカードらしい重厚感があります。

ライフカードはブルー以外にもブラックのクレジットカードがあるので黒がお好みの方はブラックもオススメです。

ライフカードブラック web限定デザイン

lifecard_black

ライフカードのプロモーションサイト⇒Here, my Life

【ライフカードと他のカードを比較】

ライフカードはとりわけ特徴がつかみにくいカードなので今回は、ライフカードと似たクレジットカードをピックアップしてそれらと比較してみたいと思います。

ライフカードと似ているクレジットカードとして独断と偏見ですが、以下のカードをライフカードと似ているクレジットカードとしてあげておきます。

ライフカードと類似しているクレジットカード

  • 楽天カード
  • オリコカードザポイント
  • Yahoo! JAPANカード
  • イオンカード

ライフカードにしようか迷っている方は、ライフカード以外にも楽天カードやオリコカード、Yahoo! JAPANカードなどもいっしょに比較検討しているのではないでしょうか?

これらの類似したカードとライフカードはどのような違いがあるのかを比較検討したいと思います。

それでは、さっそく年会費をくらべてみます。

【ライフカードの年会費】

ライフカードは年会費無料です。

  • ライフカード(年会費無料)
  • 楽天カード(年会費無料)
  • オリコカードザポイント(年会費無料)
  • Yahoo! JAPANカード(年会費無料)
  • イオンカード(年会費無料)

ライフカードと類似したこれらのカードも年会費無料です。

【ポイント還元率】

ライフカードのポイント還元率は0.5%です。

まず、ライフカード以外のクレジットカードがどうなのか?さっそく先ほどあげたライフカードと類似したクレジットカードを比較してみましょう。

  • ライフカード 0.5%
  • 楽天カード 1.0%
  • オリコカードザポイント 1.0%
  • Yahoo! JAPANカード 1.0%
  • イオンカード 0.5%

こう見ると楽天カード、オリコカードザポイント、Yahoo! JAPANカードの還元率1%と比較するとライフカードはポイント還元率0.5%と非常に低いです。

ライフカードの還元率は0.5%と低くデメリットに見えますが、

ライフカードは年50万円以上利用すると、翌年のポイント還元率は1.5倍(還元率0.75%)にもなり、

100万円以上利用すると翌年のポイント還元率は1.8倍(還元率0.9%)にもなります。

200万円以上利用すると翌年のポイント還元率は2倍(還元率1.0%)にもなります。

それに加え、ライフカードは誕生日月はポイント還元率が3倍になります。

これらを考慮すると。。。

ライフカードは、普段から頻繁にカードを利用したり、誕生日月に買い物を集中させたりすればポイントは貯まりやすいと言えます。

ちなみに、入会初年度はポイント還元率ポイント1.5倍(還元率0.75%)です。

ライフカードのポイント還元率まとめ

  • 通常ポイント還元率 0.5%
  • 入会初年度 1.5倍(還元率0.75%)
  • 年50万円以上利用 ポイント1.5倍(還元率0.75%)
  • 年100万円以上利用 ポイント1.8倍(還元率0.9%)
  • 年200万円以上利用 ポイント2倍(還元率1.0%)
  • 誕生日月 ポイント3倍(還元率1.5%)

【ETCカードの年会費】

ライフカードのメリットはETCカードが無料なことです。さっそくライフカードと類似しているクレジットカードも比較してみましょう。

  • ライフカード ETCカード年会費無料
  • 楽天カード ETCカード年会費(540円)
  • オリコカードザポイント ETCカード年会費無料
  • Yahoo! JAPANカード ETCカード年会費(540円)
  • イオンカード ETCカード年会費無料

オリコカードザポイント、イオンカードはともにライフカード同様ETCカードの年会費が無料です。

【旅行保険】

クレジットカードといえば、海外旅行保険が付いてくるのが多いのですが

ライフカード(年会費無料)は旅行保険が付帯してません。

ただし、ライフカードでも年会費有料で旅行保険が付いているライフカード<旅行傷害保険付き>というのもあります。ライフカード<旅行傷害保険付き>は、海外旅行保険と国内旅行保険が付帯しており、年会費は1,250円(税抜)になっています。

さっそくですが、他のカードと比較してみましょう。

  • ライフカード(年会費無料版) 旅行保険なし
  • ライフカード<旅行傷害保険付き>※1 海外自動付帯、国内利用付帯
  • 楽天カード 海外利用付帯、国内なし
  • オリコカードザポイント 海外自動付帯、国内なし
  • Yahoo! JAPANカード 海外自動付帯、国内なし
  • イオンカード 旅行保険なし(※2)

※1 ライフカード<旅行傷害保険付き>は初年度年会費無料、次年度年会費1,250円(税抜)です。
※2 イオンSuicaカードは海外旅行保険も国内旅行保険も付帯しています。

【ライフカードの審査】

ライフカードの審査について他のクレジットカードと比較してみましょう。

  • ライフカード(比較的審査に通りやすい)
  • 楽天カード(この中では一番審査に通りやすい)
  • オリコカードザポイント(比較的審査に通りやすい)
  • Yahoo! JAPANカード(比較的審査に通りやすい)
  • イオンカード(比較的審査に通りやすい)

この中だと、やはり楽天カードがいちばん審査に通りやすいという口コミが多いです。

楽天カード以外のクレジットカード(オリコカード、Yahoo! JAPANカード、イオンカード、ライフカード)はどうかというと、これらのクレジットカードは楽天カードほどではありませんが比較的審査に通りやすいクレジットカードの部類です。主婦でも審査に通りますし、年収が低いアルバイト、非正規社員、個人事業主であっても審査に通ります。

個人的な意見として、ライフカードは元々信販系プロパーカードなので審査は若干厳しめな印象を受けます。しかし、アイフル傘下になってから消費者金融系になったので審査は緩くなったという意見もありますし、アイフル傘下になる前でも審査は甘かったという意見もあるので、審査は厳しくないと思っていいでしょう。

おまけ

私が初めて作ったクレジットカードはライフカードです。

クレジットカードを初めて作ったときのことを書いておきます。

クレジットカードを作るのなんて簡単だろうと思いますよね。

私も最初はクレジットカードを作るのなんて銀行のキャッシュカードを作るのと同じくらい簡単だろうと思っていました。

それで、、

実際に気軽な気持ちでライフカードVISAに申し込みました。

するとどうでしょう。。。

即効で審査に落ちました(笑)

ライフカードは、けっこう審査って厳しいのかな、、なんて思いながらいろいろネットで審査のことについて調べました。

クレジットカード申込み時に、携帯番号だけでなく固定電話の番号も記載した方が審査に通りやすいという情報があったので、

すかさず、固定電話の番号も記載して再度ライフカードに申し込みました。今度はライフカードマスターカードで申し込みました。

するとどうでしょう、、、

今度は審査に受かりました。

このことから、クレジットカードの審査は固定電話を記載するだけでも審査に有利に働くといえるでしょう。

【ライフカード独自の特徴】

ライフカードはうまく利用すればポイントを獲得しやすい

ライフカードはうまく使いこなせば、ポイントを獲得しやすいクレジットカードです。

ですが、普通に使っているだけだとポイント還元率は0.5%と低いのであまりポイントは貯まりません。

ポイントをうまく貯めるためには、

年間50万円〜200万円以上利用してポイント還元率を1.5倍〜2倍にさせたり、

誕生日月のポイント3倍時に買い物をしたり、電子マネーにチャージしたりすると効果的にポイントを貯められます。

まあ、日頃からクレジットカードのポイントを貯めようと意識している方じゃないと、誕生日月のポイント3倍を狙ったり効果的にポイントを貯めるのは難しい気もしますが。

おすすめのポイントの貯め方

ライフカードで電子マネーにチャージするという使い方でもまだまだポイントが貯まる気がします。

以前まではライフカードでEdyやnanacoにチャージしてもポイントが貯まりましたが、

電子マネーへのチャージではポイント付与対象外になるケースが多くなってきています。

ポイント付与の規約は、時々改定されることがあるのでその辺は注意深く見ておく必要があります。

ライフカードでチャージできるおすすめ電子マネー3つ

ポイント還元率をおさらいしましょう。

通常のショッピングでライフカードのポイント還元率は0.5%です。

誕生日月はポイント3倍でポイント還元率は1.5%です。

これらを踏まえた上でライフカードで以下の電子マネーにチャージするとポイントが効果的に貯まります。

  • au WALLET(チャージできるのはMasterCardのみ )
  • モバイルsuica
  • SMART ICOCA

注目すべきは、誕生日月ポイント3倍時にチャージしてもポイント3倍のままポイントが貯まるということです。

ポイント3倍時に電子マネーにチャージしておけば、かなりお得にポイントを貯められます。

ライフカードでチャージできない、またはポイント対象外になる電子マネー

ライフカードでチャージできない、またはポイント対象外になってしまう電子マネーをまとめておきます。

  • Edy(ポイント対象外)
  • nanaco(ポイント対象外)
  • WAON(チャージ不可)
  • PASMO(チャージ不可)

ライフカードでEdy、nanacoにチャージは可能ですがポイント付与の対象外となっています。WAON、PASMOへはチャージ不可です。

ライフカードのポイントが最大25倍になる「L-Mall(エルモール)」

ライフカードのポイントを効果的に貯める方法として、ライフカード会員向けショッピングモールを経由して買い物すると効果的にポイントが貯められます。

L-Mall(エルモール)はライフカード会員向けのショッピングモールです。ここを経由して買い物をすると「Yahoo!ショッピング」や「楽天」での買い物でポイントが2倍になったりします。その他、ショップによってはポイントが最大25倍にもなります。

【電話サポートなど】

ライフカードは年会費無料のクレジットカードなので電話カスタマーサービスなどは、他の年会費無料のクレジットカードと同様でそれなりの対応です。

ライフカードのカスタマーサービスを実際に利用してみた経験談

ライフカードの電話カスタマーサービスを実際に利用した経験でいうと、

ライフカードでたくさん買い物をしたときに、web明細で反映されないものがあったので確認のためカスタマーサービスに電話して紙の明細を送ってもらいました。そのときのカスタマーサービスの電話対応はというと、、、

いたって普通でした。

紙の明細も無料で送ってもらえましたし、カスタマーサービスはそこまで悪い印象はなかったです。

まあ、どこの電話カスタマーサービスでも同様ですが、混み合っているときは電話につながるまで5分くらい待たされます。

ライフカードと他のクレジットカードのカスタマーサービスを比較
  • ライフカード(年会費無料なのでそれ相当)
  • 楽天カード(年会費無料なのでそれ相当)
  • オリコカードザポイント(年会費無料なのでそれ相当)
  • Yahoo! JAPANカード(年会費無料なのでそれ相当)
  • イオンカード(年会費無料なのでそれ相当)

年会費無料のクレジットカードは、電話カスタマーサポートはどこも同じだという印象を受けます。とりわけどこかのカードだけ抜きん出てカスタマーサポートがいいとかはないはずです。

クレジットカードにカスタマーサポートの充実を求めるなら三井住友VISAカードなどの年会費有料のクレジットカードにすべきですね。

【特典】ライフカードを持っていたら
5%〜20%の割引を受けられる!

私もライフカードを持っていますが、

「あれっこんな特典もあったんだ」

と気がつかずに利用していなかった特典がたくさんありました。よさげな特典だけをピックアップしておきます。

ライフカード 特典 10%オフ ホテル サンルート

ライフカードを提示すると宿泊料が10%オフになります。

ライフカード優待サービス > 優待サービスガイド(関東・甲信越)

ライフカード特典 タイムズカーシェアリング初期費用1,550円が無料になる


ライフカード会員は

カーシェアリングサービス「タイムズカープラス」の会員カード発行手数料1,550円が無料になります。

タイムズ会員初期費用無料の特典を受けるには、下記のライフカード会員専用ページから登録するようになっています。

タイムズ ×ライフカード会員専用登録ページ

ライフカード > タイムズカープラス

ライフカード 特典 国内レンタカーが5%〜最大20%オフ!

ライフカードの提示、またはライフカードの利用で、下記のレンタカー利用料金が5%〜20%も割引になります!

ライフカード > 国内レンタカー割引サービス

社名 割引率 支店名 お申込み・
お問い合わせ
受付時間
ニッポンレンタカー
5%
予約センター 0800-500-0919 [平日]8:00~20:00,[土日祝]9:00~18:00
オリックスレンタカー
5%
中央予約センター 03-3563-0543 [平日]8:00~20:00,[土日祝]8:00~17:00
タイムズカーレンタル
5%
予約センター 0120-63-5656 [平日]8:00~20:00,
[土日祝・年末年始(12/31~1/3)]9:00~17:45
三菱レンタカー
20%
  0120-111-300 9:00~18:00(年中無休)
ジャパレン
5%
  0120-39-0784 [平日]8:00~20:00,[土日祝]9:00~17:45
トヨタレンタカー
5%
  0800-7000-111 8:00~20:00(年中無休)
日産レンタカー
5%
東京予約センター 0120-00-4123 [平日]8:00~20:00,[土日祝]9:00~18:00

ライフカードに入会できるか診断チェック!

ライフカードに申込む前に

ライフカードの審査が受かるかどうか気になるところです

ライフカードの審査に通るか基準をまとめてみました。

・自営業でも可能
・専業主婦、アルバイト、パートでも可能
・開業して間もない自営業でも受かる可能性あり
・固定電話があると受かりやすい

ライフカードは比較的審査が甘い部類のカードですが、さすがに無職と記載すると落ちる可能性が大です。

それでもアルバイト、パート、開業して間もない自営業でも受かる可能性があるので、とりあえずの一枚として作っておきたいカードと言えます。

ライフカードの入会はこちらからどうぞ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする